日誌より(大きい組)

12 13, 2011 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。
9月から10月までの活動のようすです。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記または愛称に変えてあります
※月日は10月から始まり、9月までさかのぼる形で紹介します

大きい組のようす

10月14日
水場の着替えで、ひっくり返ったシャツを直してほしいというジュンノスケの呼びかけに、カンとジョウが名乗りをあげ、ひっぱり合う場面があった。してあげる喜びと各自がよくわかっているだけに、少々ムキになってしまうところも、ほほえましい。(ヒデコ)

10月6日
住宅地に出ると、リンの「こっちも海が見えるよ」の誘いに いつもと違う道を選んだ。おかげでいつもより、青空にキラキラ輝く美しい海を見ながら歩く事ができた。海では一時間近く遊んだ。(ミエコ)

9月30日
山の途中から細い道を下って行くと、いよいよ源流。細い沢が見え始めたかという山道に、白いカニが一匹。リンが捕まえると、お腹にたくさんの赤ちゃんガニ。みんな輪になり、観察。誰からとなく、裸足になり、裸になり・・(ユキ)

kani

9月29日(2歳組と合同)
カノンは私とリクと手をつないで出発。前方にミヅキの手をつなぎ、世話を焼くカンを見て「ママはもういいから」と手を離し、リクのサポートに徹する。・・見学の子が泣いているのを見て、カノンが助けに走る。「足はここ、手はここ、怖くないからね、大丈夫だから」と声をかけ、時折手を伸ばしながら、一緒に滑り降りてくる。半年前まで誰よりも泣いていたカノンが成長している。そして誰よりも仲間に助けられてきたからこその行動だと気づかされ、子どもたちへの感謝の気持ちでいっぱいになる。(ユキコ)

9月13日
出発してすぐ全員が丸くひとまとまり、「えらんで えらんで やろう!」ユウキが言い出した。「えらんで えらんでって?なんだ?早くやろう!」ユウキの説明に身を乗り出し、集中している。「あのね、丸くなって手をつないでそれで・・・」言われたとおりに丸くなり指示を待つ。「それで あぶくたったじゃんけんやるの。」皆「よーし。あーぶくたったじゃんけんぽん。」全員でのジャンケンは勝負つかず、あいこが続く。そのうちユウキが「じゃあ、グーの人 勝ち」やったー。やったー。(セツコ)

hashi
(10月13日写す)

 

日誌より(小さい組)

12 13, 2011 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。
9月から10月までの活動のようすです。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記または愛称に変えてあります
※月日は10月から始まり、9月までさかのぼる形で紹介します


小さい組のようす

10月14日(1歳組)

batta11101batta11102


広場に出ると稲刈り後の米が干してあった。…バッタに夢中だ。オンブバッタ、オンブバッタと呪文のように叫んで探している。



10月11日(1、2歳組合同、下の写真も同日写す)
シオンは今日もふと靴を脱ぐ。「持って」と、言わんばかりに私を見上げてきたが、「持たないよ。自分で持ってね」と言ってみた。すると自分で持ち歩き始めたが、しばらくするとその場に置いていってしまう。ヨリコがシオンに届けるが、受けとる気はないらしい。ヨリコ、ユキコが代わる代わる持ってくれる。皆がもう持ちたくない、となるといつもコウが二足とも抱えてくれた。「はやくママに会いたい」と何度も言いながら歩いていたが、頼りがいのある素敵な姿だった。(アキコ)

ine1110



10月6日(2歳組)
途中かなり急な崖があり、子ども達は下を覗き込んでいる。相川さんが「そこから降りたければどうぞ」と声をかけると「やだ」「いかな~い」と男子。しかしイロハが下りようと腰を下ろすと、それをみたユウキとリョウが「先に行く」と横をすり抜けてあっという間に滑りおりていった。…お弁当の後は奥にある田んぼを見学。戻ってくる途中にある川の所で「靴が汚れちゃった人はここで洗うといいわよ」と声を掛けるとリク、リョウがズボンを脱いで川に入る。コウタロウは洗うものがなかったが、川に入りたいようで服を脱いで入っていた。楽しそうな靴洗いを見たコウは急いでリュックに入ったドロドロの靴をとってきて洗いに入っていた。(マコ)



dango1110dango21110
(10月4日写す)



9月30日(1歳組)※海での活動
「お船を見に行きましょう」相川さんと、リンカ、ユキコは砂浜を歩きだす。ヨリコとシオンは、リンカたちが作った穴に棒を差し込み泥をすくう。それを食べるふりをしながら「おいしいね」とおままごとらしきことをはじめた。そこに、相川さんが、貝と魚の死骸をお土産に戻ってきた。シオンが、魚に近づき触ろうとした瞬間、ヨリコが、おののいて一歩さがる。その様子を感じたシオンは、ヨリコをじっと見つめ魚に触るのをやめた。風が強く、波も高い。(ユキコ)



9月16日(1歳組)

aruku1109
hon1109asobi1109

車を降りて坂を登ると、ツユクサの花が咲いていた。相川さんが花びらをとって爪にぬると、ヨリコ、ユキコ、リンカは不思議そうにじっと見ていた。…お弁当。終わると早速ユキコが小さな崖によじのぼり始める。そしてみんなが登って滑りおりる。少しコースをかえたりしながら、何度も何度も、皆楽しそうに登っては滑っていた。(カナコ)


 

上映会のご報告(11/27)

12 12, 2011 | Posted in ご報告(上映会・講演会など)

11/27(日)宮崎の市民プラザにて、上映会と講演会が開催され、監督の桐野氏ととも
に招かれて話をしてきました。
2回の上映で子どもを含め164名の参加者だったそうです。
翌日は主催の「どろんこ」保育園を見学させてもらいました。


 

韓国「国際セミナー」にて講演

12 12, 2011 | Posted in ご報告(上映会・講演会など)

10/19(水)韓国にて「国際セミナー」が開催され、相川明子がなかよし会についての
講演をしました。
「土のにおいの子」の韓国語の翻訳本が、同日発刊され、会場では初日で200冊売れ
ました。
ドイツの森の幼稚園を研究実践されているご夫妻の講演もありました。


 

鎌倉駅地下道ギャラリーにパネル展示

12 08, 2011 | Posted in ご報告(上映会・講演会など)

12日まで、鎌倉駅地下道ギャラリー(駅の東西を結ぶ地下道にある展示スペース)に、
会を紹介するパネルを出展しました。

chikado_2

展示パネル↑


トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE