スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日誌より(大きい組の活動)

06 07, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

4月5月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。

4月7日
アイリが母と手をつなごうとしたが、「もう大きい組だから、手をつながないで歩いていこうね」と声をかけると、黙って受け入れ、つなごうとした手をすっと戻した。この春休み中、「4月からは大きい組になるんだよ」と話をしていたので、大きい組ってそういうものだということがなんとなくわかったようだった。雨で足元が滑ったが、子どもたちは大きく転ぶこともなく、いつもより口数少なく、淡々とあるいていく。…雨でびしょ濡れになりましたが、歩く至る所に満開の桜が迎えてくれて、見ごたえがありなかなかの風情がありました。(ノリコ)

4月7日ribenji

4月7日2小


5月6日
…子どもたちの歩く様子をのんびりながめられて、ゆるやかな雰囲気に「なかよし会っていいな!」とあらためて実感。タンポポの綿毛を吹いたハナのあたまに綿毛の飾りができる。誰かがカタツムリをみつけてワーッとみなが駆けよる。…トマト、ナス、ピーマン、キュウリの苗を植える。畠わきにイチゴが実っていたのを思いおもいに摘んで食べる。注意しないとせっかくの実を踏みつぶしてしまいそう。そのあと、畝にそって1列にならんで、トウモロコシ、インゲンの種も蒔く。…空き地の裏山が竹やぶになっているのを背景に「ふしぎなたけのこ」を読みお弁当を食べる。(ハラ父)

5月6日shou

5月6日2shou

5月6日3shou


5月10日
「今日は畑でお仕事があるから忙しいのよ」と声がかかり先を急いだ。谷戸でさつまいもの苗を取り、畑に向かう。「谷戸から佐助への近道ってどう行くんだろう。」と思い目にしたのが、断崖絶壁のような崖。それでも楽々と登ったチトセ。ランは、後ろに居たハナに「泣かないよね、ハナちゃん」と励ましの声を掛ける。そして後ろのアイリも楽々登る。そのまた後ろにいたイツキは「どぉやって登ればいいのぉ」と小泣きする。当番母の私がすっと抜いていくと「待って〜」と根っこを掴み登った。相川さんが「この間もそういいながらも登ったのよ」と。この時期の1年の成長はすごいと改めて思った。最後尾のヒロキも、らくらく登った。「なんだ、みんなすごいじゃないか」と心の中で思った。…畑で子どもたちがずらっと並んで、さつまいもの苗を植える。今日は、さつまいもの苗を植えるのが大本命だと思っていたのに拍子抜けする位あっという間に終わってしまった。(ヒロヨ)

5月10日shou

5月10日2小
スポンサーサイト

 

日誌より(小さい組の活動)

06 07, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

4月5月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。


4月19日(火)
リュウセイは一人先を進もうとする。母を求めて?と思っていたら、モンシロチョウ2頭を追っていた。自然体。アラタ、ユウ、カイタは木道でかけっこ。春菊、雪の下の天ぷら、ゆでブロッコリー、エンドウ豆、沢山の量だったが、たっぷり食べた。ミイカ、リュウセイは食材の段ボールの前に座り食べる。ラクは春菊を一つだけ。(ミツ)

201604


5月17日(火)
子ども会館に着くと、雨が小降りになった為、急きょ変更。いつものコースへ。ラクは最初手をつないでーと手を出してきたけれど、こちらが出さないと1人ですべりおりていく。雨の中でも楽しそう。木苺、桑の実を黒河内さんの手からとる子ども達。雨の中でも関係なく、美味しそうにほおばる笑顔が印象的。(メグミ)

201605

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。