スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

2017度の入会者を募集中です

07 17, 2017 | Posted in 入会と見学のご案内

「大きい組」
全員3歳児で、15人ほどです。活動は週3回。

「小さい組」
1歳児5~6人、2歳児10人ほどの混合クラス。
活動は週2回。うち1回は1、2歳児がいっしょに過ごし、残り1回は1歳児と2歳児に分かれて活動します。

年に何度か、大きい組、小さい組合同での活動もあります。
「子どもたちの1日」、「なかよし会の始まり」はこちらから
Q&Aはこちらから

大きい組
週3回 9:30~13:00
月会費 9100円 
(2017年度募集対象:2013年4月~2014年3月生まれ)

小さい組(2歳組)
週2回 9:30~13:00
月会費 7000円
(2017年度募集対象:2014年4月~2015年3月生まれ)

小さい組(1歳組)
週2回 9:30~13:00
月会費 7000円
(2017年度募集対象:2015年4月~2015年8月生まれ)

※その他、年会費、会議費、スポーツ保険料を、入会時および年度ごとに徴収します。

続きを読む »

スポンサーサイト

 

日誌より(大きい組の活動)

07 17, 2017 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

6月7月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。


6月13日(火)
畑に着くと本降りの雨。それでも子どもたちはじゃがいも、たまねぎ、ピーマン、なすを採ることに夢中。屋根のある所まで子どもたちは先に移動。母2人で蒸したじゃがいもとたまねぎを持っていく。カイタ、シュウゴ、シンジロウ、レイナはビショビショのレインコートが脱げず固まっていた。じゃがいも、たまねぎ、ピーマン、なす、どれも甘く美味しい。(メグミ)
RIMG3740_20170717055301793.jpg

RIMG3748_2017071705530266d.jpg

RIMG3773_20170717055304a48.jpg


7月7日(金)
海に到着して早速裸になるシュウゴ。前回の当番の時は服を脱がなかったのでホッとした。「カラスが持っていっちゃうよー」の声に「それは大変!」「絶対ダメ!」と言い、シュウゴの脱ぎ捨てた服とリュックを守るためにカイタ、ユウ、レイナが走って取りに行ってくれた。今日は波も少なく全員で沖の方まで行き、子どもたちの胸が隠れる所まで入ることができた。みんなで輪になり手を繋ぎ、ジャンプをしてすごく楽しそう。みんな良い顔をしている。(ユキ)
RIMG3865_20170717055305500.jpg

RIMG3873_201707170553072b8.jpg



 

日誌より(小さい組の活動)

07 15, 2017 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

6月・7月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。


6月6日(火)
山を下りると桑の実が方策。ガクとコユキは落ちている桑の実を拾って食べる。落ちている実の方が熟していて甘いようだ。ラクとユミは最初の少しを食べ、後はたくさんポケットに入れていた。「お土産にするの」と嬉しそう。ヤマトは少し食べたら後はユミにあげていた。川遊びを始めると真っ先に服を脱ぎ出したのはコユキ。「ヤマトも!」と万歳をして服を脱がせて欲しいサイン。リュウも皆んなが川で遊ぶ姿を見て自分でズボンを脱いで川に入った。ユミが服を着るときにポケットから落ちてしまったたくさんの桑の実をラクが鷲掴みにして自分のポケットに入れた。これにはユミも大泣き。泣き叫び動かなくなっているところにガクが向かう。何を話していたが分からないが、ユミを近くの低めの桑の木に連れて行き、桑の実を取ってユミのポケットに入れてあげているようだ。しばらく経つとユミのポケットはまたいっぱいになってガクと手をつないで仲良く桑の木の陰から出てきた。(ナオ)

0606

0606

0606


7月4日(火)
キュウリを持つエミの得意げな表情から収穫の喜びが伝わってくる。コウキも大事そうにピーマンを自分のリュックに入れた。海では波打ち際に数種類の海藻がよっていて、みんな食べる食べる。ガクが小さな貝をたくさん拾って見せてくれた。今日、一番長く海に入っていたのはユミ。波をかぶってもかぶっても果敢に立ち向かい、「ユミちゃんもう一回行く」と。コユキはお得意の寝そべりスタイルで打ち寄せる波をかぶったり揺られたり。当番母にベッタリだったケンゾウも母の手を離しコユキの横にゴロン。コユキがケンゾウの首のあたりをくすぐり、笑顔が戻る。リュウは足に付いた砂を払ってくれと、でなければ靴を履きたくないと言っている。アイカワさんが「ほら見てリュウちゃん、アイカワさんの足だってお砂がたくさんよ」と、その足で靴を履いてみせる。しかしリュウは意思を曲げず、靴を自らリュックに入れ裸足で歩き出した。
(カナコ)

0616

IMG_3829.jpg

0704

0704

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。