日誌より(小さい組の様子)

03 20, 2014 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。
12月から3月までの活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります




12月3日


123② 123①

はだかんぼうで波を追いかけっこし、大はしゃぎ。海水は冷たかったが砂浜はあたたかく気持ちよい。…今日は山、海、江ノ電、存分に楽しめた。歩きながら子ども同士遊びからんでいる。小競り合いがあっても、からみながら歩き遊んでいることが楽しいなあと思う一日だった。(ノブコ)



1月14日


114①

集まった順に木槌でおもちをトントン。
ねぎ、大根、里芋を収穫。みんなもう慣れたもので、ほっくり返したところをすっすっと抜いていく。…お日様で手を温める。泣く子も黙るあたたかさ。(マユコ)

114② 114③



2月20日


池が凍っていた。相川さんが立っても割れない。ルナ、ゲン、イッサ、リク、リョウコらが「スケート」と滑っていた。建物裏からグラウンドまでは積雪20センチ以上の場所もあり、別世界に来たよう。綺麗な景色ではあるが、1歳組の4人とナオキには過酷な道であったように思う。前の人と同じ場所を歩こうとするが上手くいかず、1歩踏み出すとズボッと足が埋まる。・・・雪道を頑張って歩いた小さい組。その勇士を当番母として見守ることが出来て、感動した。(ミホコ)

220② 220①


3月3日


33①


ミオリが大きな葉っぱを拾って傘に見立てる。やっぱりマドカも同じことをして、そこにサトキも入って3人ほんわか空気。 …お弁当の後、みんなでヨモギを摘む。(サオリ)

« 映画「さぁ のはらへいこう」 鹿児島県薩摩川内市甑島上映日程 日誌より(大きい組の活動) »

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE