日誌より(小さい組の活動)

10 20, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

9月10月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。


9月6日(火)
夏休み明け初日、日当口ほぼ全員が泣いている。エマはすっかりヘソを曲げ、階段の上で意地でも動かない、といった風に、最後まで動かない。やっと下りてきた時は泣きやみ、すっきりとした表情。子どもの納得するタイミングまで待つ保育。ガクもひたすら泣き叫び、母の足にまとわりついて進めない。木道まで下りると、水路は草ボーボー。泥がたまっている。草むしりと泥かきをしていると、ユウが裸足になり、泥かきをする。ガクもスッポンポンで遊び始める。さっきまでの泣きはどこへやら。(マユコ)

201604


10月4日(火)
ガクは海の中へ、手もつながず、どんどん海をすすみ、見ているこちらがヒヤヒヤ。結構、波がかぶっても平気。ガクは砂を足にドロドロかけて遊ぶ。ミイカは大きい組の女子と一緒にパタパタ走る。リュウセイは黒河内さんに手をひかれて海へ。笑顔も見られた。さつまいものおにぎりは皆、2つずつ、ペロリとたいらげた。(アキコ)

201605


10月11日(火)
ユミが転び泣く。それをカノンが、手を貸しておこしてあげようとする。カイタも心配そうに見守る。グランドから山に入ると再び泣き出すユミ、リュウセイ、ラク、ガク。2歳組とミイカは足早にどんどん進む。途中の丸太で電車ごっこをしてみんなで待っていてくれた。海以外の当番は初めてで、自分がどこを歩いているかわからない状態。ユミは途中から崩れ、最後は歩かなくなり、泣いて座っている。遅れすぎるわけにもいかない。当番として役に立っていないと、いろいろな思いになりつつも必死だった。(ユカ)

201605

« 日誌より(大きい組の活動) 鎌倉市上映会のご報告 »

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE