日誌より(大きい組の活動)

02 18, 2017 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

12月1月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。

12月15日
…母も念願の薮漕ぎ。アズマネザサが生い茂りバキバキ。と掻き分けながら進むも途中から手入れが入っていて、薮漕ぎというよりアスレチックをこなしているような感じだった。…途中、池の近くで木の枝がブランコのようになっており、ナナコが枝を下げてアオイが乗ってみる。次にチトセ、アイリと続く。次にナナコがやろうとするもチトセがまたやりたいと横入り。何も言わずにやらせてくれるナナコ。優しい。みんな乗るかと思いきや、結局遊んだのはこの4人だけ。…今日の寒さで今年初めてお弁当が冷たかった。けれど背中にあたるお日様の暖かさたるや有り難かった。お弁当が終わるとほとんどみんなで駆け足。カラス、数の子、ニシンの子とアイカワさんが追いかけみんな嬉しそうに、やだーアイカワさんもうやめてーと言いながら楽しそうに走る走る!という女子グループ。(クミコ)
DSCF0937.jpg


DSCF0942.jpg


DSCF0976.jpg

1月10日
…里芋をみんなで掘り起こし、大根を抜き、神社へ初詣。…途中アイカワさんに今日が鏡開きと初詣であることを習う。…『いいことたくさん』の絵本はお正月の獅子舞が出てきた。お正月に獅子舞に会えた子ども達は見たことあるーと嬉しそうだった。母達が調理部屋で作ってくれたお雑煮やお汁粉もお腹いっぱい美味しくいただいた。子どもたちにはお汁粉よりもお雑煮の売れ行きがよかったように思う。(クミコ)
DSCF1083.jpg


DSCF1090.jpg


DSCF1099.jpg



1月17日
…子どもたちは壁の凹みのつららを見つけては、カリカリいい音をさせながら食べる。手を真っ赤にさせながらつららを頬張るヒロキ。食べて無くなると次を探すアイリ。崖滑りの傾斜に霜柱があると聞くと、すぐに向かうアイリとヒロキ。…崖がなかなか登れないヒロキをナナコとアオイが手助け。…そんな中、先に登った子たちは「アイカワさんどっち」と聞いたのに対し「登れてない人がいるよ」と。暫くし、いつもは先に登って周りをウロウロしたり、見ているだけのイツキが「あの人たち、おそいからね」といいながらヒロキのいる方に向かった。自らも笹に掴まり、片手ながら手助けしようと思う気持ち、その行動に移した姿を見られて良かった。(ヒロヨ)
DSCF1290.jpg


DSCF1276.jpg


DSCF1300.jpg










« 日誌より(小さい組の活動) 日誌より(小さい組の活動) »

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE