日誌より(小さい組の活動)

06 10, 2017 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

4月・5月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。



4月6日(木)
桜がきれいだったので公園でお花見からスタート。リュウセイとガクとミイカがじゃれあいながら歩いている。ミイカは長い間泥を丸めて、きれいなまんまる泥団子をつくった。家で、ごはんでもポテトサラダでも団子にして食べるので、母はどうしたものかしらと悩んでいるが、ここで力が発揮されるとは。
みんなで崖滑り。ラクとミイカがどんどん滑ると、ヤマト、ナツミも登る。リュウセイはしばらくしゃがんで見ていたが、保育者に誘われてリュックを背負ったまま崖すべり。ラクとガクが、崖の手前でナツミに「だめー」と両手を広げて通せんぼ。ナツミは一度は母のところに戻るも、すぐ、立ちはだかる二人の脇をスーッとぬけて崖を登った。
(アキコ)

0406.jpg



4月14日(金)
桜吹雪が舞う暖かい日。初めて母と離れるエミとテッペイ。車から降りると泣いていたテッペイも山道に入ると泣き止んだ。エミは先頭でお尻滑りをしながら下りていく。コウちゃんは母と手をつなぎならか下りる。エミ、コウくん、テッペイは先に下に着き、スイバを食べ、泥遊び。コウちゃんはお腹が空いたのか、スイバを美味しそうに2本食べる。その頃、コウくんは座り込んで鳥の鳴き声、石、葉っぱなど興味深々。崖に着くと、テッペイは軽々と崖に登り、勢いよく滑ってくる。他の3人も時々手を借りながらも、初日より上手に滑れるようになった様子。食べ終わった子から裸になり川へ。川を往復したり、枝を持ってバシャバシャ。帰り道、保育者がてんとう虫を見つける。積極的に触ろうとする子や、手を叩いて喜んでいる子。その様子をじっと見ている子も。
(ミキ)

DSCF4590.jpg

0414.jpg


5月2日(火)
ヤマトとナツミが泣いているのにつられて泣き出すエミ。それでもヤマトの靴が脱げると、たどたどしくも履くのをお手伝い。最後は二人でにっこり笑顔になる。小さなありに夢中になる虫探し名人のコウくん。見つけると嬉しそうに「あっあっ」と教えてくれた。水路の落ち葉を書き出すと、ひょっこり顔を出したのがサワガニに赤ちゃん。母の手の中の小さなサワガニを、みんなで仲良く順番にツンツン触る。大豆ぐらいの大きさで、左右に素早く動く姿にテッペイは「おぅおぅ」と大興奮。崖下でコウくんがコユキにぎゅーっとされて大泣き。いつもより強い力加減に保育者が仲裁し、今度はコユキが泣き出した。ようやく泣き止んだコユキに、テッペイが腐れかけた木の端を頭にグリグリする。またコユキが泣き出した。母には本当の兄弟の争いのようにみえた。今の社会には薄れてきた感覚かもしれない。
(ミホコ)

0502.jpg

0502-2.jpg







« 日誌より(小さい組の活動) 日誌より(大きい組の活動) »

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE