FC2ブログ

 

日誌より(小さい組)

02 02, 2019 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。
※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(ページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。

1/31(木)雨のち曇り
・・・山道に入る。先頭はケンゾウとテッペイ。ケンゾウは威勢良く進むも、分かれ道では必ずとまり「どっちに行く?」と訊ねる。分岐に着く度に立ち止まれるというのはとても重要なことだと思う。しかし自己流の道を進みたいケンゾウと、大人の意見を素直に通そうとするテッペイで言い合いになる。性格の違いがまた可愛い。

もぐら広場に着く頃には雨はすっかり止み、お日様さえも顔を出した。
「どの餅焼けた」の手遊び。山道ではずっと泣いていたトミタケとコヨネは、それまでの楽しみを取り戻すかのように本当に良く笑った。帰り道も楽しく歩いた。
おもいっきり泣ききった分だけスッキリして、元気が湧いて今度は嬉しくなるのかなー。(ヒロミ)

IMG_1239.jpg

IMG_1249_20190202154010904.jpg

IMG_1302_201902021541007cc.jpg

« 日誌より(大きい組) 日誌より(大きい組) »

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
 
土の匂いの子
土の匂いの子
青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)


谷戸であそぼう 春
相川 明子(著)
とみたしょうこ(イラスト)
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE