スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

日誌より(大きい組の活動)

11 04, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

9月、10月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。

10月12日
…出発して間も無く、ランは「きょうはアオちゃんちにいく」と言い出すと、みんなもそれに続く。気をよくしたアオイは、みんなにお題を与えて「アオちゃんちにきたいなら、何其れをして」とか「何其れをしてはいけない」などと言い、意味のなさそうな指示にも子どもたちは素直に従い、それを楽しんでいるようだ。…それなりに大きく立派に実ったサツマイモを収穫して、それぞれが「おおきいのをひとつ」だったり「ちいさいのをさんこ」だったりと、思い思いに新聞紙でくるんでリュックにしまった。…稲荷で、子どもたちが手を合わせ、ランがお祈りを始めた。「みんながころびませんように」うんうん、アイカワさんと母うなずく。続いて「おいもがたくさんとれますように」ふふふ。…(ユウ)
DSCF9067.jpg

DSCF9086.jpg

DSCF9103.jpg

DSCF9107.jpg



 

日誌より(大きい組の活動)

11 04, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

9月、10月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。

9月15日
…少し開けた広場ではバッタが沢山跳ねていて、皆バッタを捕まえるのに夢中である。子どもたちはバッタを捕まえるのが上手になったなぁと思う。相模湾の眺望スポットではお決まりの「うみさーん、またくるよ」「うみさーん、まっててね」の大合唱。…(ノリコ)
DSCF7973.jpg

DSCF7982.jpg

DSCF7994.jpg






 

日誌より(大きい組の活動)

11 04, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

9月、10月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。

9月9日
…今日の子どもたちはみんな勢いが良い。それぞれ入る海の深さが違っても、海が楽しそうだ。前回の海当番の時はイツキは海に入らず。ずっと砂で遊んでいたが、今日は全然違った。満面の笑みで海に入り、仲間と一緒に楽しそうに波と戯れている。…大きさが揃っていないものが並べられると、「小さいからだめだよ」「これは大きすぎるからだめだよ」とジャッジが下され、手で崩される。崩された方の子どもも「そうか、そうか」といった感じで大きさをそろえようと一生懸命に砂団子をにぎる。17この力作の砂団子が並べられた。…女子達はあの立派な団子の上を何周かして去っていった。それを見たカンタは「ここに置くと踏まれちゃうからこっちに作ろう」と言って新しいだ円を描いてまた団子を作り始めた。その時のカンタの表情が全く残念そうではなく、さばさばしていて清々しかった。…(ノリコ)
DSCF7852.jpg

DSCF7861.jpg

DSCF7859.jpg

 

日誌より(小さい組の活動)

10 20, 2016 | Posted in なかよし会の活動

当番が毎回作成する日誌の抜粋をご紹介します。

9月10月の活動の様子です。

※当番=過去記事「なかよし会とは」イラストを参照ください(このページ右側にリンクあり)
※名前はカタカナ表記またはイニシャルに変えてあります。


9月6日(火)
夏休み明け初日、日当口ほぼ全員が泣いている。エマはすっかりヘソを曲げ、階段の上で意地でも動かない、といった風に、最後まで動かない。やっと下りてきた時は泣きやみ、すっきりとした表情。子どもの納得するタイミングまで待つ保育。ガクもひたすら泣き叫び、母の足にまとわりついて進めない。木道まで下りると、水路は草ボーボー。泥がたまっている。草むしりと泥かきをしていると、ユウが裸足になり、泥かきをする。ガクもスッポンポンで遊び始める。さっきまでの泣きはどこへやら。(マユコ)

201604


10月4日(火)
ガクは海の中へ、手もつながず、どんどん海をすすみ、見ているこちらがヒヤヒヤ。結構、波がかぶっても平気。ガクは砂を足にドロドロかけて遊ぶ。ミイカは大きい組の女子と一緒にパタパタ走る。リュウセイは黒河内さんに手をひかれて海へ。笑顔も見られた。さつまいものおにぎりは皆、2つずつ、ペロリとたいらげた。(アキコ)

201605


10月11日(火)
ユミが転び泣く。それをカノンが、手を貸しておこしてあげようとする。カイタも心配そうに見守る。グランドから山に入ると再び泣き出すユミ、リュウセイ、ラク、ガク。2歳組とミイカは足早にどんどん進む。途中の丸太で電車ごっこをしてみんなで待っていてくれた。海以外の当番は初めてで、自分がどこを歩いているかわからない状態。ユミは途中から崩れ、最後は歩かなくなり、泣いて座っている。遅れすぎるわけにもいかない。当番として役に立っていないと、いろいろな思いになりつつも必死だった。(ユカ)

201605

 

鎌倉市上映会のご報告

10 05, 2016 | Posted in ご報告(上映会・講演会など)

 9月17日鎌倉福祉センターにて「さぁ のはらへいこう」の上映会を行いました。みなさまのお陰をもちまして、定員50名を大幅に超える62名の方のご参加をいただき、盛況にて終了いたしました。
 申し込み当初より熱心なコメントをいただく方、また遠方からのご参加の方など、私達もわくわくしつつも身がひきしまるような思いで、上映日を迎えました。今回ご参加いただけた方々は年齢が様々で、子育て中のお母様のみならず幅広い層からの関心の高さを実感いたしました。私達このたび上映のお手伝いをさせていただきました「なかよし会OB11期」はしばらく子育てから離れておりましたが、改めて映像中の子供達の世界を見ると、子供どうしでぶつかり、また思いやりながらつちかっていく関係性がありそこに大人が踏み込むことの不毛さを認識いたしました。「ひとりひとりを大切にする社会」と口にするのはたやすいですが理屈ではなく、自然のなかで、体感を通してたくましく育っていくことでしなやかな優しさも育っていくのではないでしょうか。さらに多くの方にみていただきたいと思います。
                          なかよし会OB 11期一同
     IMG_4001.jpg
     IMG_2479.jpg


« Prev Page Next Page »

トップページ

banner180x180-2.jpg
目次
おすすめ図書
なかよし会の本
  青空保育なかよし会専任保育者
相川 明子編著(コモンズ出版)
なかよし会のうたあそびDVD
最新記事
SITE SEARCH
LINKS
ARCHIVE
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。